借金・過払い金に関する相談


借金問題についての法的な解決の支援を行っています。

忘れていた過去の借金について債権回収業者からの督促の文書が届いていませんか?消滅時効を援用することで支払い義務を免れることが出来る場合があります。

また、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停、過払い金返還請求訴訟などそれぞれの事情に応じた適切な解決方法を助言し、生活再建の支援をさせていただきます。 


任意整理


債権者と1社づつ裁判外で支払いについての示談交渉を行います。ただし、簡易裁判所の事物管轄の範囲内の業務に限ります。

長期の分割弁済や将来の利息のカットにより毎月の返済額の負担を少なくすることができる手続きです。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。


自己破産


毎月の収入の額に対して、返済に回すことが可能な可処分所得を算出し、支払い不能に陥っておられる場合には、自己破産の申立を検討することも一つの解決方法です。借金の原因がギャンブルや高額商品の購入などでない場合に選択できる手続きです。最終的に裁判所の免責決定を得られることができれば借金は帳消しになります。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。



過払金請求


10数年以上前からキャッシングを繰り返し、借入れ返済をされている方、元金が減ってきたらご利用可能額いっぱいまで引き出して限度額の上限から減ることがなくなって数年経過しておられる方は、場合によっては法律で定める以上に利息を払い過ぎている可能性が有ります。何年掛かっても払い終わりそうもない借金は、一度過払い利息についての調査を検討されるのも生活再建のための一つの方法でもあります。調査の結果、利息を払い過ぎて元金も消滅しているケースもありますので、ご検討ください。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。


時効援用


若い頃に借りたまま返済しておらず、結婚や転居で金融機関からの請求が届かなくなったまま、放置していた借金がある方、債権回収会社からの債権譲渡の通知や訴訟提起の予告の封書が届いて不安な方、場合によっては、債権の消滅時効が完成している場合があります。

債権が時効にかかっている場合でも、相手方である債権者に対する時効を援用する旨の意思表示をする必要があります。当初借りていた会社がなくなってしまい、どこからの請求かわからない場合や架空請求業者の場合もあり、誤った対応をすると、解決することが難しくなってしまうこともあります。中途半端な対応をされる前に、専門家に相談してすべてお任せください。



着手金等のご案内


自己破産申立 220,000円

裁判所保管金2万円程度。

管財事件となった場合の管財費用最低20万円〜は別途必要です。

 

任意整理 1社あたり22,000円

時効援用 1社あたり11,000円

過払請求 1社あたり22,000円

過払い金を回収することができた場合、訴訟手続によらず回収できた場合は、回収できた金額の22%、訴訟手続により回収した場合には回収できた金額の16.5%を成功報酬として頂きます。訴訟手続が必要となった場合には、訴訟手数料及び郵券等の実費をご負担頂きます。